知らないと後悔するかも?不倫サイトを利用するデメリットとは?

, , 知らないと後悔するかも?不倫サイトを利用するデメリットとは? はコメントを受け付けていません。

不倫相手を探す場合には、不倫サイトを利用するのがおすすめです。しかし不倫サイトには、たくさんのメリットがあると同時に、デメリットもありますので注意が必要です。

「不倫サイトは本当に会えるのか知りたい」
「不倫サイトのデメリットを知りたい」

そのような方々に向けて、当記事では不倫サイトのデメリットをご紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

不倫サイトを利用するデメリットとは?

料金が高く、人が少ない

不倫サイトは、普通の出会い系サイトよりも少々料金が高いことが多いです。利用者数が普通の出会い系サイトよりも少ないので、仕方がありません。

利用者の数が少ないということは、地方だと、同じ地域に登録している人がゼロのもあるということです。そういう場合には通常の出会い系サイトに登録して選択肢を増やすか、自分の居住地からは遠いところに出会いを求めるかしかありません。

不倫サイト料金詳細【意外と安い不倫サイト

悪質なサイトが非常に多い

不倫サイトを利用するデメリットというよりは、そういうジャンルを利用しようとするデメリットといったほうが正確かもしれません。

不倫サイトを謳う出会い系のなかには、悪質なところも多いのです。悪質サイトとは何かというと、たとえばサクラを使っていたり、料金を高額に設定していたり、迷惑メールを大量に送りつけたりするサイトです。こういうサイトに登録しても、出会いを見つけることは不可能です。

そのサイトが悪質かどうかを見極めるには、登録前に利用規約を確認することです。まず見ていただきたいのは、禁止行為の欄。

悪質な出会い系サイトは異性紹介事業の届け出をしていないことが多いので、禁止行為の欄に「出会い・異性交際を目的とした行為」と書かれている場合があります。

そのほか、料金や、「当サイトに登録すると以下の提携サイトもご利用になれます」といった同時登録についての記載の有無(有るサイトは悪質)も確認したほうがよいでしょう。

登録の前に利用規約を見ることのできないサイトは悪質と見て間違いありません。

既婚者を揺する目的で登録している人も

不倫サイトには、既婚者をゆする目的で登録している人も、きわめて少数ではあるものの、いると考えられます。つまり、「私との関係をばらされたくなかったら、お金払ってね」というわけです。

ゆすり目的の人にとって不倫サイトはカモを見つけやすい場所なんですね。サイト運営者はこういう人たちを完全に排除することはできませんから、被害に遭わないために、知り合った相手に自分の会社や家の場所といった情報を一切与えないことが重要です。

また、美人局をしているような連中も、一定数いると思われます。待ち合わせのときに、相手がだれかと連絡を取っていないか、傍に男はいないか、しばらく観察してから声をかけたほうがよいでしょう。

もし美人局に遭ってしまったら、逃げるか助けを呼ぶか、あるいは大人しく金を払うかです。もし可能であれば逃げたほうがいいのですが、財布や服を置いて外に出るわけにもいきませんよね。

フロントに助けを呼べるといいですが、男が部屋の中に入ってきてしまったら、そんな暇はなくなるでしょう。どうしようもないと思ったら、抵抗せずに、大人しく金を払ったほうがよさそうです。

対策としては、オートロックのラブホテルに入り、彼女から目を離さないということが挙げられます。

また、無人受付機のホテルよりも、カウンターに人のいるホテルを選んだほうが良いでしょう。騒動になればホテルの人が警察を呼んでくれますからね。

ただし警察沙汰になった場合、あなたが女性とホテルに入ったことが妻に知られてしまう恐れもありますから、その点は留意しておいてください。

美人局やゆすりのリスクは、不倫をするうえで完全に排除することのできないものとして認識しておくべきです。それが嫌なら不倫などしないほうがよいでしょう。

以上、不倫サイトを利用するデメリットをご紹介いたしました。